リサイクルトナーとは

最近は、地球環境を守る為にも環境負荷を減らす目的で多くの使用済みのものがリサイクルされ有効利用されています。
多くの物がリサイクルされる世の中になりましたが、リサイクルされて使われている物の中にリサイクルトナーと呼ばれるものがあります。


トナーとはレーザープリンターや複写機で使用されているプラスチック粒子に黒鉛や顔料などの色の粒子を付着させた小さな粒のことを言います。
トナーは静電気を利用することによって紙に転写させることができます。
そんなトナーは専用のトナーカートリッジに入れられており、そのカートリッジをプリンターに挿入することにより使用されています。
このトナーをリサイクルして利用しているものをリサイクルトナーと言います。


リサイクルトナーは回収された使用済みのトナーを回収し、分解し、洗浄や修理、部品交換などの工程を経て新しいトナーを補充します。
このリサイクルトナーであれば消耗部分のみを交換して再利用するので通常は1回使用して捨ててしまうものを3回~5回リサイクルして使用することが可能です。
また、リサイクルして使用することにより通常のトナーに比べるとコストダウンすることができ、定価に比べると50%~90%のコストダウンが見込めます。


元々使用済みのトナーのカートリッジは産業廃棄物になってしまうため、処分するのも大変です。
ですがリサイクルするのであれば産業廃棄物を減らす事にも繋がり地球環境を保護するのにも貢献することが出来る代物です。


○特集
日本全国送料無料。コストダウンにつながるリサイクルトナーを販売している専門店です >>> リサイクルトナーカートリッジ

Copyright © 2014 リサイクルトナーのメリット・デメリット All Rights Reserved.